なぜ君は「なぜ」を考えないのか(自己啓発本風)

スポンサーリンク
自己啓発や経営、マーケティングやビジネスマインドなど幅広いジャンルについて取り扱っている「ビジネス書」。仕事の合間や休日にちょこちょこ読んでいる人も多いのではないでしょうか?

いつの時代でも、「コツ」を求める人は絶えないようです。
自己啓発本の多くは、「コツ」を説明している本に思えます。
意地悪な言い方をすれば、いかに楽してことを成すか、ということを書いている様に思えますね。

私は苦労礼賛主義ではありません。しかし、結果的になにかを成そうと思えば、苦労が必要となることが多くあるのも事実でしょう。
日本の「手段の目的化」は、成功の影によくある苦労の捉え方を履き違えて、苦労すれば成功する、苦労しないと成功しないとしてしまったものですね。

自己啓発本を愛読する人に共通するのは、いつも「HOW」を求めているということです。
しかし大切なのは「WHY」ではないでしょうか。

冒頭の記事はエンターテイメント記事とも言える面白い記事ですが、本当にある自己啓発本です。
例えば、2位にランクインしている「営業マンはパンツを脱げ! お客が思わず買ってしまうセールスの極意」。
タイトルから分かるように、営業成績をあげる「方法」を説いた本です。

しかし、なぜ営業成績を上げなければいけないのか、の方が重要ですよね。
パンツなんか脱がなくても、自分が良いと思うものは、人に教えたくなるもので、それが営業成績に直結するのは言うまでもありません。
営業成績がのびなくて悩んでいる人は、どうやっやら営業成績があがるかを考えるのではなく、なぜ自分はこれをもっと人に積極的に薦めたいと思えないのか、を自問自答すべきでしょう。
確かに、いくら良いと思うものでも人にすすめるのが苦手な人はいます。そういう人は冷静に考えて、営業不向きです。
それから、人に薦めるのが苦手なわけでもないのに、会社の営業成績はいまいち、という人は、会社の製品を心底から良く思えていないのかもしれません。ならば、もっと自社製品を向き合うべきです。すくなくとも自己啓発本と向き合うより生産的でしょう。

普段から「WHY」ばかり考えすぎると、結局人はなぜ生きているのか、という究極の課題にぶつかります。これはあまり喜ばしいことではありませんから、考え過ぎもよくない。
しかし、今の自分の身の回りを含めた社会の風潮は、あまりにも方法論に偏り過ぎと思わざるをえません。
どうやったらお金を稼げるのか、はよく聞く話ですが、それ以外でも例えば音楽ならば、どうやったら良い曲をかけるか、ということを探し求めている人は多くいます。そんな答えがあるのならば知りたいところですが、実際はそんな答えはありません。そんなことを考える暇があるならば、なぜこの曲を聞いて私は良い曲だと思うのか、を考えるほうがあらゆる側面でプラスです。

スポンサーリンク

フォローする