電話という選択肢

スポンサーリンク

仕事の用事で、毎回電話をする人っていますね。

電話って、いろいろとデメリットが多い。
相手の時間を奪うし、毎回録音する人なんていないから、後にも残りにくい。

メールやLINEなどよりも早い、という人がいますが、それは入力の慣れが足りていないのと、相手の都合を無視した意見です。

それでいて、電話に出なかっただけで不快に感じる人もいます。

合理的に考えれば、電話というツールはしょぼい・・・

しかし、私はあえて電話を使うこともあります。
合理的な理由ではありません。
コミュニケーションとして、です。

私はフリーランスで仕事をしていますが、フリーランスは取引相手とビジネスライクなコミュニケーションだけでは仕事をし辛い、と感じます。
というか、ビジネスとしてしかお付き合いしたくない人とは、ビジネスですらストレスになることもあります。

だから、友人ほどグダグダではなくとも、ある程度フランクに話せる相手の方がビジネスもやりやすい、と思うこともあります。

まあ、正直これも文章力の足りなさと言ってしまったらそれまでです。
話すよりも書くほうが、よりフランクにコミュニケーションを図れるという人もいるでしょう。
ただ、フランクな文章っておっさんなのであんまり書けないんですよね。
このブログを読んでもらえたら分かる通り・・・

人と会うということは大切だ、というのは共通認識だと思います。
それはビジネス面でもそうでしょう。
わざわざ会わなくてもできることが大いにもかかわらず、です。

一方、合理性を追求したらメールやLINEになります。

電話はまさしくその間です。
会うほどお互いの時間も労力もいらないし、メールやLINEほど堅くならなくて良い。

最初に書いたとおり、電話には明らかにデメリットがあり、それは十分に認識したうえで、あえて電話というツールを選択することもあってよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする