興味の中心はWHY

スポンサーリンク

私は雑多なことに興味があります。

傘の進化が遅いという、正直どうでも良いことから、戦争がなぜなくならないかという重たいテーマまで幅広く興味があります。

しかし、芸能人の不倫とかクラシックにはあまり興味がありません。

私の興味の中心にあるものは、WHYです。

ほかのいろんなものが大きく変化を遂げた現代なのに、傘だけは満足度が高くないにもかかわらず進化が遅いのは、なぜなのか。

ほとんどの人が戦争がない世界を望んでいるのになくならないのはなぜなのか。

ふと気づいたですが、私の興味の中心は「なぜか」というところにあるのです。

どういうことか。

例えば傘の進化。

傘が不便だから、より便利な傘が開発されてほしい。

でも進化が遅いのはなぜか。

普通はこういう思考の流れでしょうが、私の場合は、進化の遅さに対する疑問が中心で、傘がより便利になることが中心ではないのです。

批判を浴びそうですが、戦争もそうです。

世界平和はもちろん望んでいますが、それよりも「なぜなくならないのか」ということに興味の中心があるのです。

テクノロジーも歴史も労働も教育も、よくよく考えてみたら「なぜ」というワードを中心に興味を持っています。

これって、なんでなんでと質問し続ける子どもの発想とあまり変わりませんね、、、

スポンサーリンク

フォローする