科学や宗教が及ばない唯一のもの

スポンサーリンク

私は科学派です。
つまり、スピリチュアルなこととか、占いや幽霊といったことはほとんど信じていません。
霊感が強い人だけが見える、なんて言い出したら、普遍性がなく証明不可能です。

しかし、そんな自分でも、いや自分以外誰にとっても、科学が及ばない、及ぶはずのないものがあります。
それが死です。

変な言い回しですが、死んだことある人はいません。
それに近いのは臨死体験です。

臨死体験談は世界に数多くあり、その中には眉唾ものも多くあるでしょうが、科学ではどうしても解明できないものが残ります。

これは当然といえば当然です。
科学は生きている人間が考えた体系であって、活用範囲は生のみです。

変な例ですが、重力があるのが前提で起こる地球上の現象は、重力のない宇宙空間には適用されないのと同じです。
まさに、世界が違う、というものです。

そもそも死とは、ポイント・オブ・ノーリターンです。
今後医学の発達で、死から蘇ることができるようになったら、なんていう想定をする人もいますが、死から蘇ることができるというワード自体が矛盾です。蘇られるのならば死んでいません。

かといって、死後の世界が天国とか地獄とか、いろんな宗教がいうところの極楽浄土とか、そういうものかといえば、それもわかりません。

嘘だと言っているのではなく、わからないのです。

科学でも宗教でも解明できないのが死です。
死、死後の世界に関して、人類はわからない、ということを永遠に受け止める必要があります。

まあ、そんなことがいくつかあったって構いません。
それを探求する人は自ずと現れるし、解明に近づくことはできるでしょう。

そういうのって良いものです。

スポンサーリンク

フォローする