報道と論調

スポンサーリンク

車の運転中は大抵ラジオです。

程よく音楽も流れるし、エンタメ的なコーナーもあるし、ニュースもあるので便利です。

そのニュースですが、ラジオのニュースって本当にコンパクトにまとまっていると感じます。

限られた時間内で、音だけで伝えるという強い制約がほかの報道と違うところで、私が思うに、論調と呼ばれるものがあまり感じられません。

それが私にとっては逆に心地よいと思います。報道は、それを知って各々が何を感じ今後に活かすか、という目的が重要です。

つまり、その報道に対して肯定的なのか否定的なのかというところは、まず自分で考えるべきだと考えます。

しかし、知識人、コメンテーターの意見を聞くと、さすがの知識量や話のうまさで、ちょっと流されてしまいます。

知識人による解説や論調が不要という意味ではありません。

ただ、まずは報道のみを聞いてどう捉えるか、というところは自分で考えたい。

そういう意味でラジオはとてもドライです。

事実を淡々と知るだけで何を感じるのか、ということは大切にしたいものです。

スポンサーリンク

フォローする