元号のありかた

スポンサーリンク

新しい元号になるまで1ヶ月ちょいです。
数十年に一度の元号切り替えです。

私は、元号不要派でした。
でした、というのは、最近すこし考え方が変わったからです。

今はどうかというと、元号はあっても良いけど、普段は西暦で、と思っています。

そもそもは華夷思想に対抗してできたのが元号だそうです。
ことはそんなにシンプルではないと思いますが、大まかに言えばそんな感じです。

そこには歴史があり、論理では到達できない思想があります。
遺影を踏みつけられない感情のようなものです。

だから、元号はあってよいでしょう。
しかし、普段使うにはかなり面倒です。

世界は西暦が主流です。日本は世界第三位の経済大国です。
各国とやりとりするのに、日付のところで戸惑っている暇はありません。

役所手続きもそうです。
西暦に統一すれば、年号選択欄をバタバタと作り変える必要はないし、免許証も間違いが起こりにくい。

ものの呼び方、名付け方が文化や思想に影響するのは確かです。
しかし、普段使う暦を西暦にして、華夷思想を思い起こす人はどれだけいるのでしょうか。
もしそこに影響があるのならば、日本の歴史の授業こそ、どれだけ覚えにくくても年号で教えるべきでしょう。
日本の歴史の授業は年号ではなく西暦で教えるのは、年号だと覚えにくいから、というどこまでも合理的でシンプルな理由です。
なぜそれを国のシステムには適用しないのでしょうか。

ちなみに、今年の干支って言えますか?
年末年始、年賀状なんかでその動物をたくさんみかけるので意識しますが、年が変わって数カ月後には、今年の干支がクイズに出題されるくらい誰も意識していません。
でも、かといって干支自体をなくした方が良いかというと、そうでもない。

年号も、そのくらいでよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする