食事の最重要マナーは?

スポンサーリンク
猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。第3水曜は、さまざまな場面のマナーについて「...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。

食事のマナー、特に箸に関してはいっぱいありますよね。
こうやったら美しく見える、というのはまだ良いのですが、それが転じて、そうしないとマナー違反となるのがいかがなものかと思います。

★箸使いのタブー
▼移し箸=箸から箸へと食べ物を渡す
▼握り箸=箸を握ったまま、器を取る
▼手皿=食べ物を口に運ぶとき空いている手を受け皿のようにする
(記事より引用)

3番目の手皿は、タブーなんですね。

まあ、確かに皿を口の近くにもっていけばその必要はないし、自分の皿に食べ物を移すときも、皿をもっていけばこぼすことはないでしょうね。

しかし、かといってその様子が不快に見えるかと言うと、特にそんなこともないと思いますけど。
こういうのって、こういうマナーを知っている人だけが感じることじゃないんですかね。

私が声を大にして言いたい食事のマナーは、美味しく食べる、ということです。

そんなの当たり前、と思うかもしれませんが、これにまさる食事のマナーはありません。
正直これ以外のマナーは、人に不快感さえ与えなければよいのでは、と思います。

ただ、何が人に不快感を与えるかが違う、というのが難しいということですよね。
食べるときにくちゃくちゃと音をたてるのはマナー違反だと思いますが、それがどうってことない、という人もいるでしょうし。

肘をついて食べるのは、食べるという行為がつまらなさそうに見えるからやはりマナー違反だと思いますが、これも人によるでしょう。

なにはともあれ、繰り返しますが、そのマナーを知っている人でないと感じないようなマナーはどうでも良いと思います。

食事は美味しく食べましょう!

スポンサーリンク

フォローする