iMacの分解〜今流行りの「自己責任」で

スポンサーリンク

知り合いのiMacのメンテを頼まれました。
内容は2つ。
一つは、起動しないのでどうにかしてほしい。
もう一つは、誤って光学ドライブのところにSDカードを入れてしまったのでとりだしてほしい、というものです。

1つ目は私が依頼されるメンテのなかで最も多い案件です。
やり方は色々ありますが、まずはリカバリーモードに入れるかを試します。

無事にリカバリーモードになりました。
購入時に付いてきたOSのインストールディスクなんてあるはずもないので、インターネットリカバリーモードです。

無事に起動したら、まずはディスクユーティリティーでHDDのフォーマットを試みます。

ところが失敗。早めにバックアップを取って買い替えなさい、的な警告が表示されます。
しかしこんなことで引き下がれません。
次は自分のmacから壊れたmacを覗きに行くため、壊れたmacをターゲットモートで起動します。
自分のmacに「外付けHDD」として認識している壊れたmac内のHDDを、私のmacのディスクユーティリティーを使ってフォーマットします。
しかし、同じく失敗。

次に、私のmacをターゲットモードで起動し、壊れたmacをoptionを押しながら起動して私のmacの起動ディスクを選択。
壊れたmacを通して私のmacにアクセスし、ここでディスクユーティリティー、フォーマットを試みます。
成功しました。その後OSをインストール、最新のOSはちょっと重いので、10.11までアップデートして、起動関連は終了です。

次はSDカード取り出しです。これはアナログな作業です。
こういうときはGoogle先生に頼ります。
このサイトをがヒットしました。

部屋を色々探すと、ダンボールが見つかりました。
上記サイトにあるような形にダンボールを切って、SDカード取り出しを試みます。
すると、ちゃんと出てきました、、、が、なんとダンボールの先の部分がちぎれて中にとどまってしまいました。

ダンボール片はSDカードより柔らかいので、取り出すのは更に大変です。これは困った・・・
もうこうなったら、iMac分解しかありません。
しかし、以前かなり古いiMacを分解して失敗したことがあります。

黒いフィルムみたいものに覆われていて、これをはがさないと中にたどり着けません。
このiMacについては、中のHDDさえ救出してくれればiMac本体は壊れてもよい、ということだったので、フィルムを剥がしてHDDを取り出しました。
その後、正常起動するOSがインストールされているディスクを使ってこのiMacを起動しようと試みましたが、無理でしたね。

今回も黒のフィルムがあったらやめておこうと思いましが、フィルムはなく、普通に中身にたどり着きました。
光学ドライブをとりはずし、さらに分解したら、ダンボール片が出てきました。

その後は組み立て直して、光学ドライブの動作チェックをし、作業終了です。

しかし、mad book proに比べるとやはり難易度は高いと思います。
あくまで自己責任で分解好きはやってみましょう。

スポンサーリンク

フォローする