ゴミ問題について

スポンサーリンク
コンビニオーナーでつくる「コンビニ加盟店ユニオン」は12月12日、オーナーを対象とし - Yahoo!ニュース(税理士ドットコム)

学生の頃、某有名ファストフード店でアルバイトをしていました。

今はもう違うのですが、私が働いていた当時そのチェーン店は、できるだけ早く料理を提供できるようにするため、作り置きをしていました。

しかし、作り置きしたものは味が落ちます。
ということで、作り置きする時間は10分と定められていました。

10分経ったらどうするのか。
全部捨てるんです。

こんなことをしていると、当然ゴミの量も半端じゃありません。
その店では実に、販売する量の3倍の廃棄が出ていました。

全く手がつけられていない料理だけでゴミ袋がいっぱいになることが日常茶飯事でした。

現代で同じようなことをしている店があったら、凄まじいバッシングを受けるでしょう。それは社会が以前より健全になったと言えるのではないでしょうか。

コンビニでもスーパーでも、とにかく過剰包装だと私は感じます。
本当に持ち運ぶのならば袋は必要ですが、どちらでも良い場合だととりあえず袋に入れて、という店の姿勢には問題があると思います。

基本、袋は付けずに、客から申し出があった場合のみ袋をつける。

袋を有料にしているところもありますが、無料のままでも上記の仕組みに変えるだけで、ゴミの量はグンと減るのではないでしょうか。

中国がゴミの受け入れを中止した、という記事を少し前に見ました。
ゴミ問題は現代の最も深刻な問題の一つでしょう。

自分ひとりが心がけても変わらない、と言っていたら何も変わりません。
まず自分からゴミを減らすことを心がけていきたいものです。

スポンサーリンク

フォローする