話すことvs.文章〜ブログを引っ越すかも・・・

スポンサーリンク

ブログを続けてもう結構経ちます。

最初は続けば良いな、程度ではじめましたが、意外にも(?)ストレスなく続けられています。

 

話すことに比べ、書くというのは時間を要するし、後で修正もできます。

それは書くことのメリットですね。

 

本をあまり読まない人と話すと、この辺の感覚が噛み合いません。

例えば先日、全く本を読まない人がこう言っていました。

 

いくらその人の作品を文章で読んでも、その人のことはやっぱり会ってみないと分からない

 

確かに、実際に顔を合わせて表情なり話し方なりから受ける要素は少なくありません。

しかし、それで得た印象が果たしてその人を100%表しているかと言えば、そう断言することはできません。

 

人と会って話すときは、どうも緊張するし、感情的になりやすい、という人もいます。

こういう人と会って話しているときの印象は、あくまでその人が緊張し感情的になっている時の印象、という風に限定されます。

 

もちろん、その人の文章はその人を100%表せるかと言えば、それも違います。文章力もひとそれぞれですしね。

 

ありふれた言い方ですが、他人を100%理解することは無理です。それは出会っても文章を読んでも無理、ということです。

で、100%に近づける方法の選択肢として、会話や文章のやりとりがあるわけです。

これには優劣はありません。それぞれです。

 

わかりやすく言えば、出会うととても明るくフレンドリーな人だけれど、その人の書くエッセイはクールでかつネガティブだった場合、その人の本当キャラクターがどちらか、というのは本人にしか(もしかして本人にも)分からない、少なくとも「明るくてフレンドリーに決まってるだろう!」とはならない、ということですね。

 

さて、つらつらと書いていきましたが、文章を書くということのメリットを、ブログを毎日綴ることによって認識した自分は、おそらく今後もブログを書き続けるだろう、と思っています。

 

そうなったときに考えたのが、Wordpressです。

どうせ続けるのならば、これに移行することも視野に入れようと思っています。これをはてなブログで書くというのもちょっと失礼な話ですけどね。

 

先日Googleアドセンスの申込みをするために、はてなブログのPROサービスを利用し始めたわけですが、考えてみればレンタルサーバーは別で借りていて、しかも容量は十分に余っているので、その方が結局料金もかからないし、普及しているサービスだし、ということですね。

 

ちなみに、それを考えたきっかけは、Googleアドセンスの審査があまりにも遅くてうんざりしたからです。間接的な原因ですけどね。

 

ということで、もしかしたらブログを引っ越すかもしれません。

引っ越さないかもしれません・・・

 

 

スポンサーリンク

フォローする