平日の観光地

フリーランスで仕事をすると、休みが平日になることも多々あります。

というより、平日の休みの方が多いかもしれません。

 

宿泊施設や観光地の料金は、平日の方が週末より安く設定してあることもあるし、混雑具合は当然平日の方が少ないので、平日に観光するというのは利点も多いですね。

 

しかしその反面、残念になることもあります。

それは、施設によっては明らかに平日に手を抜いていることがあることです。

 

今日は家族で動物園に行って来ました。

上記したように、人は少なく見回りやすいのは事実です。

しかし、動物園でよくある餌やりや厩舎裏ツアーなどは平日にはほとんどありませんでした。

 

誤解のないように書いておきますが、これは動物園の運営を考えると仕方のないことだと思いますので、動物園を非難しているわけではありません。

 

ただ、動物園に行ったものとしてはいくばくかの残念感が残ったのも確かです。

 

事前にサイトで調べてある程度は知っていましたが、予想以上に何もありませんでした。

 

さらにこの暑さなので、動物たちもほとんど動くことはなく、地味な動物園ツアーでした。

 

 動物園の本来の役割は、動物を見世物にすることではなく、動物の研究、保護なので、そう考えるとこの状況は致し方ありませんね。

 

平日の来園者を満足させるために、動物に過度にストレスのかかるような演出をするのは反対です。まさに本末転倒です。

 

反面、動物園の運営には来園者から徴収する入園料は欠かせないので、来園者の満足度を上げる努力も必要です。

つまり、動物園の本来の目的と経営のバランスの問題です。これは、動物園に限らず企業が必ず抱えている問題ですね。

動物園は動物の命に直結するので、そのバランスのとり具合も多少違うのかもしれませんが。

 

 

この辺のうまい解決方法はないものなのかな、と思った1日でした。

残念感は残ったものの、行かなかった方が良かったとは思いません。

今後の動物園のあり方にすこしだけ期待します。