トラックボール比較〜M570 vs Expert Mouse

スポンサーリンク

私にとってトラックボールは絶対に外せません。
macの場合はタッチパッドが優秀ですが、それでもトラックボールの方が何かと上です。
マウスとは比較になりませんね。
関連記事はコチラです。

トラックボールにもいくつか有名なメーカーがあります。
いちばん有名なのはKensington。老舗です。
それからLogicool。こちらはコンピュータ関連デバイスを多く販売している会社ですが、トラックボールにおいても一定の地位を築いています。

これら2つの代表的なトラックボールがそれぞれExpert MouseとM570です。

初めに使ったのはM570です。今はさらに新しいMX ERGOというトラックボールが販売されていますが、その前はトラックボール全体の売上でずっとM570が販売数一位でした。
確かによくできています。

  • 無線
  • コンパクト
  • ユーティリティーソフトあり

他にも色々ありますが、ちゃんとおさえるところはおさえて、値段もお手頃です。


しかし、弱点がありました。それはmacで使うと、横スクロールがいまいち、ということです。
上記したように、ユーティリティーソフトがあり、主ボタン、副ボタン以外に用意されているボタンを横スクロールに充てることはできます。
しかし、かなり個人的な意見ですが、横スクロールはShiftとホイールでしたい。
で、その設定ができません。

また、実は無線というのは弱点でもあります。無線はどこかに不安が残ります。
音楽現場で、ぜっっっっったいにミスができない現場の場合、やはり怖い。
実際、これまで何度か無線通信が途絶えたことがありました。現場ではなかったので良かったのですが。

これらの弱点を受けてその後に買ったのがExpert Mouseです(これも後継機種あり)。


これは、音楽制作現場でよく使われていることで有名です。特徴は

  • 有線
  • ボールがでかい
  • ユーティリティーソフトあり
  • シンメトリー

といったところですね。M570の弱点だった横スクロールもバッチリ。
ボールのでかさによる安定感は素晴らしいです。
しかし、こっちにも弱点がありました。それは手が痛くなること。
それを想定してか、この機種にはアームレストが付属してきます。しかし、それでも痛い。
トラックボールのメリットの一つが、腕が疲れないだったので、痛くなったら本末転倒です。

ということで、どちらにしようかと考えていたところ、M570で横スクロールをホイールをつかってできる方法を見つけました。
なんと、ユーティリティーソフトを入れないだけです。
これだと主/副ボタン以外のボタンは機能しませんが、そもそも使っていなかったので問題ありません。

ということで、Expert Mouseにはおさらばになりますかね・・・

スポンサーリンク

フォローする