【備忘録】WordPressでわかってきたこと

スポンサーリンク

先日からブログをWordpressに引っ越しして、それに伴いWordpressの勉強を続けてきましたが、ようやく全体像が見えてきました。
勉強するのにネットがあるのは本当に便利ですね。

わかってきたことを備忘録的に記しておこうと思います。

.orgと.comがある

先日も書きましたが、ここが最初の難関でした。

これは言い換えれば

  • インストール型(=.org)
  • レンタルブログ型(=.com)

ということですね。

同じ企業が運営しているとはいえ、まったく別のサービスと考えておいたほうが良い。本当は連携とか絡みとかあるんですが、とりあえず別と考えた方がわかりやすい。

.comとは

.comのサイト

順序が逆ですが、.comの方は、先日まで使っていたはてなブログやアメブロ、ライブドアブログと同じようなもの。
各サイトにいってアカウントを作り、ブログの名前やテーマを決めてブログを書く、運営するといった流れですね。

もちろん、すべてWeb上で完結します。

.orgとは

.orgのサイト

一方.orgはWordpressの、web上で動くソフトウェアを配布しているサイトです。

だから、まずソフトウェアをローカルコンピュータにダウンロードしないといけないはずです。

.orgについてさらに

普通のソフトは、ダウンロード後にローカルコンピュータにインストールします。

しかし、Wordpressは上記したように、web上で動くソフトウェアなので、web上にインストールしなくてはいけません。

どこのweb上かということ、自分が借りているサーバー上です。
つまり、サーバーを借りて、そこに.orgからダウンロードしてきたアーカイブをアップロードするわけです。

ダウンロードしてきたものをアップロードする、、、二度手間ですね。

そこでレンタルサーバー会社の方が、そのサーバーにWordpressのアーカイブを直接置けるようなサービスを提供しています。
レンタルサーバーのサービスにWordpress簡単インストールみたいなのがあるのは、そういう仕組みです。

まとめれば、Wordpressのアーカイブを
.org→ローカルコンピュータ→レンタルサーバー
という過程をふまずに
.org→レンタルサーバー
という風にしているということです。

もちろん、そんなサービスをしていないレンタルサーバー会社もあるので、その場合は自分でFTPソフトを使ってアップロードすることになります。

.orgはブログというよりWebサイト作り

レンタルサーバー会社が、Wordpressを簡単にインストール出来るようにしたため(もちろんそれは良いことですが・・)、ソフトのインストールがWeb上だけで終わることになります。

ここが.comとごちゃごちゃになりやすいところなんだと私は思っています。
どちらもWeb上だけで完結してしまうところですね。

.orgの方はWebサイト作りだと思えば良いのだと(実際そうなんですが)。
つまり、Webサイトを作る場合は、ローカルコンピュータ上でhtmlファイルやスタイルシートを作って、それをFTPソフトでサーバーと同期という流れが一般的だと思いますが、.orgのWordpressも基本はそれと同じ。
実際、htmlやcssがバリバリ書ける人ならば、そんな使い方をしている人もいるかもしれません。

しかし、WordpressはWeb上で動くソフトとして提供されているので、投稿も編集もカスタマイズもプラグインも、全てWeb上でやる方が簡単になるようにできています。

だから、多くの人は一般的なサイト作りとは違い、Web上でほとんどすべてのことをやっている、ということなんだと思っています。

基本概念はWebサイト作り、でもhtmlやcssをバリバリ書けるほどのスキルはない、でもWeb上でサイトを作れるサービスよりも柔軟にカスタマイズしたい(=思い通りにサイトを作りたい)。

そういう人にはWordpressはうってつけなわけですね。

まあ、今わかってきたことはこれくらいのところまでです。
プラグイン関連でまだ不明なところもあるので、それももうちょっと勉強しないといけませんね。

スポンサーリンク

フォローする