自分がスマホ、相手がガラケーの時のテキストのやりとり

スポンサーリンク

テキストでやり取りするのは、もう今は当たり前ですね。
当たり前になっているというのは、それがいかに便利かということを表しているとも言えます。

さて、そのやり取りの方法にはいくつかあります。

  • SMS
  • MMS
  • LINE
  • FB Messenger
  • メール
  • iMessage

今盛んに使われているのはこんなもんですかね。
各々の説明はググってもらうとして、今回はSMSとMMSとメールについて。

なぜこれらを取り上げたのかというと、ガラケーの人を相手にすることがいまだあるからです。
相手が親の場合なんか多いと思いますね。
ガラケーに対応できるのはSMSとMMSとメールで、特にSMSはシンプルで分かりやすい。しかし文字制限があり、有料です。
で、無料で済ませたいためにMMSかメールを使いたい。
しかし、先日格安SIMに変えたので、MMSも使えません。
ちなみに、ガラケーにおいてはMMSとメールには違いがないと考えて良いでしょう。

で、結局残ったのはメールです。
しかし、メールの画面はチャット画面とは違うので、ライトなやり取りには面倒です。

最終的には、メールの面倒さを受け入れるか、有料でもSMSにするか、です。
有料といっても1通3円くらいなので、SMSになるでしょうね。

ちなみに、メールをチャットのように表示できるソフトもありますが、挙動がいまいちでした。

今でもガラケーの方が勝っている点は実はあります。バッテリーの持ちとセキュリティーですね。
使いやすさ、という意味ではどちらとも言えません、個人的な感想でしょう。
こうなると、一番良いのは2台持ち、ということになります。
音声通話専用機としてガラケーを、それ以外のことはスマホで。

実はわたしは2台持ちですが、最初2台持ちになったときは、常に持ち歩くのが2台なんて嫌だ、と思ってました。
しかし、意外と良いわけです。
上記の通り電池の持ちがとても良いし、スマホで情報を確認しながら先方と電話をする、なんてこともできます。

今のところは、2台持ちが最も優れた選択だと思います。そして、2台常に持ち歩ことはもちろん煩わしいので、あと数年でこの概念をひっくり返す便利なシステムかデバイスが発売される、私はそう睨んでいます。
必要は発明の母ですからね。

それがどんなものなのか。
それを思いつけるのならば、私は既に大金持ちのはずです・・・
だれかが考えてくれるでしょう・・・・

スポンサーリンク

フォローする