スマートスピーカーってどうなの?

スポンサーリンク

もう少しで平成も終わりますね。
次の年号の時代は、いまよりもさらにテクノロジーが活躍する時代になることは間違いありません。

そんな中、だんだん注目され始めたのがスマートスピーカーです。
シェアではAmazon EchoかGoogle Homeですかね。
Apple製は高価だしあまり見たことありません。

テクノロジー好きの私ですが、実はスマートスピーカーはまだ使ったことがありませんでした。
それは、音声入力にあまり魅力を感じていなかったからです。

iPhoneにはSiriが入っています。
導入された当初は面白くていろいろ使っていましたが、段々と使わなくなってきました。
自分で言うのもなんですが、私はスマホを結構しっかりと使いこなしています。
音声で命令し、ちゃんと動作してくれるかどうかの不安を残すくらいなら、手作業の方が早い、と思っていたからです。
スマホの操作に不慣れな人にとっては、「Hey Siri」って声かけていろいろと指示するのは楽でしょうけどね。

先日友人宅に行った時に、Google Home miniが置いてあったんです。
で、ちょっとびっくりしました。
何にびっくりしたかって、その反応の良さにです。

Googleの場合は「OK Google」が合図になりますが、かなり遠くから子供が結構雑に言ってもちゃんと反応します。
受け答えも、正直Siriよりもかなり自然です。

これならかなり実用的です。
今までも、洗い物中で手が濡れている時にタイマーをかけたい、といった状況はありましたが、Siriの反応がいまいちでした。
Amazon EchoやGoogle Homeにおいては、反応しないことはまずないようですね。すごい。

さらに、2つともAIがクラウドからどんどん学習しています。
普及している分だけ、その学習スピードも早い。

私はApple Musicに入っていますが、Amazon EchoはApple Musicにも対応する(してる?)そうで、これだと私が管理しているかなりの数の楽曲を声一つで流せるわけですね。

あとはスマート家電との連携でしょうね。
まだスマート家電は持ち合わせていませんが、赤外線リモコン対応機器ならば別売りの機器を買うだけで制御可能だそうです。

変な言い方ですが、本当に未来が来ていますね。
購入段階に入ったと言ってもよいでしょう。

スポンサーリンク

フォローする