個人情報を守るために

スポンサーリンク

個人情報漏えいのニュースにも慣れてきた感があります。
しかし、その危なさは変わっていません。麻痺しているだけです。

ちゃんと対策をしなくちゃ、と思っても限界があります。Facebookのような巨大企業でも漏えいするわけです。おそらくああいう会社にはかなり賢いセキュリティ担当がいて、しっかりと対策を取っていたはずです。
にも関わらず漏えいが起こるわけですから、完全に防ぐのは無理ですね。

私はフリーランスとして生活していますが、仕事をいただく時に、相手の情報は最低限しか聞きません。
連絡を取らないといけないので、電話番号やメールアドレス、それに変わるチャットアプリのアカウント情報は聞きます。

しかし、よほどのことがなければ、年齢や住所は必要ありません。

仕事をいただく方としても、聞いてさえない情報は漏れることはありません。

巷の手続きって、必要記入事項が多すぎると感じます。
名前、住所、年齢、性別くらいまではほとんどの場合必須ですが、なかには「なんで自分の住所が必要なんだろう」と思うものもあります。

年齢や性別に関しては、ほとんどの場合必要ないのではないでしょうか。
ちなみに年齢に関しては、法律の関係もあるので、成人かどうかだけの確認してだけで良いと思います。

私ほもともと、自分の個人情報に関して、かなりオープンな方でした。住所も電話番号も、ネットに載せてもなんとも思わないし、勝手に人に教えられてもどうってことはない、というタイプです。

しかし、今は家族がいます。自分の個人情報は自分だけの個人情報ではないのです。
こうなると、やはり軽々しく情報を出すことは避けなくてはいけません。

そのための一番の対策は、書かなくて良い情報は書かないことです。

いくつかのサービスでは、アドレスとニックネーム以外は全て任意項目というところもあります。
手続きもその方が早いし、管理も確実に楽で、繰り返しますが情報も漏れにくい。

いやでもネットと向き合わなければいけない時代です。
最低限のリテラシーは持っておきましょう。

スポンサーリンク

フォローする