OSの扱いはシンプルに

スポンサーリンク

私が以前Windowsを使っていた頃は、XPが全盛の頃でした。
XPは結構使いやすくて、使い倒してましたね。

その後出たVistaの使い勝手があまりにも悪かったのに加え、前々からmacへの乗り換えを考えていたので、その時期を境にmacです。

偶然なのかどうか知りませんが、Windowsは一つおきに良し悪しがある、と言われますね。
XPはよくて、Vistaは悪い、7はよくて8は悪い、そして10は結構出来が良いとのことです。

こう考えると、7を使っている人は一つ飛ばして10に乗り換えるハードルは低い気もするのですが、少しググると、なにやら無料やら有料やらの記事がヒットします。

キャンペーン期間は無料で、それを超えたら有料だが、裏技なんかで無料でもできるよ、みたいな。
ややこしいですね。

ジョブズ亡き後、若干進化に陰りが見えているAppleですが、OSのアップデートなどの繊細な作業は、結構シンプルにできます。
普通にApp Storeからアップデートしようとすると、強制的に最近のOSになりますが、訳あって最新の一つ前のOSにアップデートしたい、というときも、それらしい用語でググれば簡単に正規の方法が見つかります。

OSは名前の通り基本のソフトなので、便利さだけで最新にすると、仕事で使っているソフトが対応していなかったりバグが出たり、ということが頻発します。
だからOSのアップデート等はシンプルにできないと仕事に差し支えます。

microsoftは、office系ソフトを含め業務で多用されています。
この辺はしっかりと対応してほしいものですね。

そうしないと、私が以前macに乗り換えたときと同じ理由で流出する人も増えちゃうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

フォローする