メインのオンラインストレージを変更しました

スポンサーリンク

クラウドを活用したオンラインストレージ、便利ですよね。
私のようなフリーランスにとっては、いくら働き方改革がすすんでも、結局常に仕事中のようなものです。
すると、休暇をとってどこかに旅行に行く、なんてことが難しくなります。

スマホが普及し、オンラインストレージサービスが手元で使えるようになって、その問題が解決しました。
普段はコンピュータベースで仕事をしますが、オンラインストレージを使えば、外出中でもコンピュータで作ったファイルやフォルダにアクセスできます。
便利ですね。

ノート系のクラウドサービスはエバーノートを使っています。
多分これがないとなんにも進まない、というくらい使い倒しています。連携アプリもフル活用して、仕事にとどまらずプライベートでも大活躍です。

私が普段使っているソフト、アプリで最も頻度が高いのは、ダントツでEvernoteです。 とにかく、いつでも・どこでも・なんでも...

さて、ファイルやフォルダの方は、これまで「BOX」というサービスを使っていました。

Dropboxが有名で、私の体感ではこの2つにサービスの差は殆どないと感じます。
ではなぜBoxを選んだのかというと、以前Boxがキャンペーン中で、通常なら無料プランの容量が10Gのところを50Gにしてくれたときがあったからです。
今でも私はBoxを無料プラン内で使っていますが、容量は50Gです。

とても使いやすかったのですが、唯一の問題は1ファイルあたりのサイズ制限です。
250MBなんですね。テキスト系のファイルならばまず大丈夫でしょうが、動画や音声だと結構超えます。
そして、長らくこのサービスを使い続け、上限の50Gあたりくらいまでファイルがたまると、その中にある250MB以上のファイルの数も結構な数になります。
こうなると、バックグラウンドで処理している間、コンピュータの動作もかなり重くなります。

ということで、そろそろ有料プランで考えようかな、という時に、価格と容量、サービスを調べてみました。
比較サイトは山ほどあるのでそちらに譲りますが、私としては

  • 容量は50Gくらいで充分
  • 1ファイルあたりのサイズ制限、最低1G
  • 価格は安ければ安いほどよい

といった希望です。

これまでと同様Boxを有料に変えると、100Gで550円/月です。100GBもいらないんですよね。
一番有名なDropboxは1Tで1200円/月。高いしそんなに容量いりません。
Googleドライブは、会社のアカウントとかぶっちゃって、なにかと面倒そうです。
オンラインストレージサービスは旬なので、他にもたくさんありますが、有名でないところのサービスは今後のことも考えるとちょっと不安です。

ということで迷った結果たどりついたのは、なんとApple純正サービス、iCloudドライブです。

iCloudドライブの有料プランは、50Gで130円/月です。自分の希望にぴったりです。
iCloudドライブは、シェアの概念として自分の所有している複数のデバイスをスムーズに、というところに主軸があるように思います。
だから、mac、iPhone、iPadあたりとの同期はとてもスムーズです。
一方、他の誰かとのシェアに関しては、他のオンラインストレージに比べると少しだけ面倒なイメージです。

ということで、Boxはそもそも無料だし、せっかく50Gも無料であるわけなので、

  • 他人とシェアをする可能性があるフォルダ→Box
  • その他のフォルダ→iCloudドライブ

という使い分けで使っていくことにしました。

まだ使い始めたばかりなのでわかりませんが、何か気づいたことがあったらレポートします。

スポンサーリンク

フォローする