手強いエラー36

スポンサーリンク

昨日に続き、自分のMacのメンテです。

エラー36の問題がいまだ解決していません。ネットの情報によると、Windowsからのファイル移動の際に起きやすい、みたいなことがよく書いてありますが、Macからのファイルでも必ず起こるので、原因は別のようですね。

まずはフォーマットしなおしです。Windows云々書いてあったので、試しにFAT32でフォーマットしてみましたが、変わらずです。

つぎに、これもWindows云々と関連しますが、不可視ファイルの処理です。ターミナルコマンドを使って不可視ファイルを表示させ、不要なファイルを削除しました。しかし、状況変わらずです。

それから、コンピュータとつないでいるUSBケーブルも変えてみました。また、電源供給型のスロットに挿して試してみましたが、やはり変わりません。

そういえば、移動しようとしているファイルやフォルダには、ネットワーク同期を自動でとるものもあります。ですので、ネットワークを遮断して試してみます。

変わらずですねー。

最後に、Mac用メンテアプリ、テックツールで最適化やワイプを試してみました。

結局全てうまくいきませんでした。多分ここまでやってダメだということは、物理的な損傷でしょうね。

ということで、これを機会にSSDを買いました。先日も一つ買ったので、短期間に2台買ったことになりますが、最近安くなっているのでそれもまあ良いかなと。

前回はTLC方式を購入しましたが、今回買うのは起動ディスクにするつもりなので、MLCにしてます。容量は480GB。

先日メモリも買ったので、久しぶりにコンピュータの大幅なスペックアップです。機会いじり好きとしては楽しいの一言です。

まあ、安いとはいえ出費は嫌ですが、公私ともに使いまくるので、コスパは良いと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、妻が格安SIM乗り換え手続きを開始しましまた。妻はこれを機に新しいiPhoneを購入するので、これまでのキャリアによるSIMロックがかかったiPhoneを解除する必要はないのですが、売却するときに何かと良いので、今のうちに解除しておきます。

MNP予約番号もらい済み、iPhone注文済み、エントリーパッケージ注文済み、格安SIM業者の紹介URL発行済み。iPhoneバックアップ済み。

あとはエントリーパッケージやiPhone本体が来るのを待って、その後新SIMが届けば利用開始です。

iPhone売却はその後ゆーっくり考えます。

スポンサーリンク

フォローする