格安SIMを選ばない人の理由

スポンサーリンク

今まで携帯は某大手キャリアを使っていましたが、格安SIMへの乗り換え手続きをはじめました。
格安SIMは世間で多く騒がれているので、ネット上に情報がやまほどあります。

格安SIMというくらいだから、とにかく安い。
大抵の人は、安いほうが嬉しいはずです。
しかしそれでも大手キャリアにとどまる理由はなんでしょうか。

速度が遅いとか、信頼が無い、とか色々ありますが、私が考えるにこの一点に集約されます。

よく分からなくて面倒

今回は、携帯番号を変えたくないので、MNPを利用(ここでMNPってなんだ、という人もいます)。
機種は現在のiPhoneをそのまま使いたいので、SIMロックをキャリアに解除してもらいます(SIMロック解除??)。
で、新規事業者に移行するわけですが、

  1. MNP転出(電話、すごく引き止められる)
  2. 新規事業者のエントリーパッケージ申し込み(新規事務手数料を無料に)
  3. 新規事業者のSIM注文
  4. iPhoneのSIMロック解除
  5. 新しいSIMを挿す
  6. MNP転入
  7. アクティベーション(用語が難しそうですよね)

少なくともこれだけの工程を踏まなければいけません。
4のSIMロック解除は、ソフトバンク契約中は無料、解約後は3000円位かかります。
だったら無料のほうが良いわけですが、どの時点で解約となるのかというと、6のMNP転入の時です。
つまり、MNP転入をSIMロック解除よりも先にしてしまうと、SIMロック解除が有料になってしまいます
順番を間違えるだけでお金を払うのは馬鹿らしいですね。

といった感じで、この手順を見るとやっぱり面倒だし、よく分からない、という人も多くいます。
大手キャリアの契約はこれよりもシンプルだと思いますが、それでも実際の店舗に足を運んで手ほどきを受けないと不安、という人がいるくらいです。

つまり、よくわからなくて面倒なのです。

逆に言えば、そのへんがわかっている人からすれば、格安SIMに移行しない理由はほとんどありません。
私の契約上、現在解約すると解約料が発生しますが、格安SIM移行後に安くなる差分を考えたら、数ヶ月で相殺します。

しいて言えば、速度でしょうね。私は仕事柄も世代的にも、スマホでは軽い情報を、しっかりした情報はコンピュータで、と思っているので、外でのキャリア回線を使ったスピードなんて、特に早くないと困ることもありません。
音楽も動画も外でネットから落としてくることはなく、外で必要なときはあらかじめコンピュータから端末に保存しておきます。

自宅や職場にはWifiがあるので、速度が問題になることはありません。

とはいえ、これから使っていくうちに、なるほどこういうデメリットがあったか、ということもあるでしょう。
その時は報告がてらこのブログに書こうと思います。

余談ですが、エントリーパッケージはYahooショッピングで買いました。
これは、ソフトバンク契約者の特典でポイントなどがつくから、ですが、ソフトバンクの特典でソフトバンク解約を進めるのって、なんか少しだけ罪悪感感じますね。

スポンサーリンク

フォローする