メンテの時間のはざまで

スポンサーリンク

結局、週末は全てMacのセットアップやメンテで終わっていきそうです。嫌いじゃないからいいんですが、あまり健康には良くなさそうですね。液晶見っぱなしだし、ほとんど座りっぱなしだし、外に出ないし。

これだけ一気にメンテ作業をしたのは初めてかもしれません。そして、今回一気にメンテ作業やって気づいたことがあります。

それは、こういう作業はほとんどが待機時間だ、ということです。

データの移動やダウンロード、インストールなどですね。ひたすら待つばかりです。

本当は同時並行で色々な作業をしたいところですが、コンピュータに負荷がかかりすぎてクラッシュした時に、どこまで正常にしよりされたかを判断するのはかなり難しい。

だからとても時間をかけて一つずつやります。

あと、作業工程をメモるのですが、こういう作業の時はデータのメモではなく紙を使います。

コンピュータがメンテ中だと、ネット使用も避けたい。するとそれを担うのがスマホ。そしてメモとしては使いにくくなるため、紙です。

普段全く紙で字を書かないので、たまに書くと新鮮ですね。

今回の作業がなぜこんなに時間がかかったのか。それは元々のデータが全く整理されてなかったからです。

作曲系のシーケンスソフトを使っている人のコンピュータですが、ファイル、素材、ソフトが恐ろしくごちゃ混ぜになって、同じディレクトリにあります。

最初に見た時は唖然としました。

そして、これもあるあるですが、そのほとんどがデスクトップ直置きです。

そのせいで、デスクトップの壁紙は無地の色なのに、カオスのような見た目になってます。

まあ、最近はデータ整理せずとも、検索で探しだせるので、普段使用している限りでは問題ありません。しかし、今回のようにクリーンインストールをするときなどは、ソフトとファイルを分けて保存しなおす必要があります。

普段から身の回りの整理整頓をするように、コンピュータの中も整理整頓した方が良さそうですね。

しかし、まだ終わりません。

ん、コピー中の残時間が「約2日」、、、2日!!!

スポンサーリンク

フォローする