パソコンのサポートに追われる

スポンサーリンク

一ヶ月に一度くらいのペースである、パソコンのサポート日。
別に決めているわけではないのですが、だいたいそのくらいの頻度で相談を受けます。

しかし、今日はそれが何件も重なりました。これもあるあるですね。いつも暇なのに、ある日突然一気に仕事が来る、みたいな。

今日はメールと電話と直接の訪問が同時に来ました。せめて時間くらいずれればよいのに、それが10分以内に一気に押し寄せました。
しかも、それも難問ばかり。そのうちひとつはついに解決できませんでした。
macのハードの問題のようだったので、コレばっかりは仕方ないですね。Appleに電話して修理のための配送手続きまでしました。

ほかの案件も、結構難しかったです。
しかし、こういう相談を受けることの良い点は、それをクリアする度に経験知を重ねることができることです。
何でもネットで調べられる時代ですが、問題が起きないと調べようとはしませんよね。
たくさんのパソコンをみて、その不具合に遭遇すると、自分のコンピュータを触っているだけではまず起こり得ないようなトラブルに出会います。
本人には内緒ですが、それを「絶対なおしてやるぞ」というゲーム感覚でやってますね。

ただ、今日は忙しすぎです。ちゃんと別の仕事もあるのに、、、まあフリーランスだから良いんですけど。

ということで、今日はもうへとへとです。

スポンサーリンク

フォローする