macセットアップ〜昨日の続き〜

スポンサーリンク

昨日の記事はこちら

ハード的なセットアップが終わったので、次はソフトです。
新品のSSDなので、中身は空っぽです。
なにでフォーマットしてあるか知りませんが、とりあえずフォーマットをかけます。
そのために、リカバリーモードで起ち上げます。

しばーーーらく待ってリカバリーモード起動完了、ディスクユーティリティーで、フォーマットです。
それが終わったら、OSのクリーンインストールです。
もとのOSはMountain Lionだったみたいで、そのOSをまずクリーンインストールして、後で最新(High Sierra)にアップする見通しです。

Mountain Lionのインストールまでは、とくにトラブルもなくおわりました。
といって、かなり時間がかかりましたが。
どうでもよいですけど、こういう時間は読書に最適ですよね。紙の本なら、目の休憩にもなります。

Mountain LionからHigh Sierraへのアップデート失敗

さて次はHigh Sierraへのアップデートです。
App Storeから無料アップデートを利用します。
ダイアログに従って、後は(またまた)待つだけです。
あんまりあてにならないゲージを見ると、どうやら動いていないみたい(やっぱりあてにならない)。
command Lでログを見ると、何やら難しいことが書いていますが、つまり止まっています・・・

一筋縄ではいきませんね・・

では、持ち主のApple IDでログインし、App Storeの購入済みのところから落とせるOSが無いかと探ると、YosemiteとEl Capitanを発見。後者の方が新しいので、後者を選択して、同じようにインストール。
これも(時間はかかりましたが)うまくいきました。

El CapitanからHigh Sierraへのアップデート失敗

さあ改めてHigh Sierraへアップデート、ですがやっぱりうまくいきません。
前回同様、途中で止まります。
参りましたね・・・

ということで、とりあえずEl Capitanのまま必要なソフトのインストールに入ります。
OSのアップデートはトラブルがつきものですが、バックアップをちゃんととるという、トラブルが起きたときの対策はできても、トラブルが起きないようにする対策はあまりありません。
他のソフトは起ち上げていないし、電源繋いでいるし、ネットは有線でやっているし。

なんでもネット経由で、メーカー側のコスト面もユーザー側の利便性も上がったことは嬉しいことですが、こういうトラブルは避けられないでしょうね。
あとは技術があがってトラブルを減らしていくしかなさそうです。
Appleのような最先端企業は、いつも要求される技術が高いので、サービス開始時期にはトラブルが多く出ます。最先端企業の悩みのタネですね。

スポンサーリンク

フォローする