インスタ映えと絵に描いたような景色

スポンサーリンク

私はインスタはやってません。
別に何かのこだわりがあるわけではなく、そもそも写真投稿にあんまり興味がないだけです。
でも人気ありますね。

そんな中、インスタ映えスポットというのをちらほら聞くようになりました。
要は写真をとるのに良いスポットという意味でしょうから、それは以前からあって呼び方が現代風に変わっただけなんだと思います(違うんですかね・・)。

しかし中には、インスタ映え「するように」手を加えることもあるようです。
手を加えるというのは、写真加工をするのではなく、あえて危なそうな写真などのインパクトの強い写真をとるという意味です。
その中の一部が、あまりにも危険すぎたり他の人に迷惑かけたりで批判されています。

まあそりゃあ良くないですね。
そもそもインスタ映えする写真って、手を加えて作るものではないでしょう。
いや、まあそれはそれで別に構わないのかもしれませんが、迷惑はNGです。

そうえいば前述の絶景スポット的なところにおいて、これまではそんな問題はあまり言われませんでした。
なぜ現代ではそんなことをする人が増えてきたのか。

それは、手元にカメラがあるのが当たり前になって、それを瞬時にシェアできるから、にほかなりません。
でも、それが理由ならば迷惑行為が許されるかといえば、もちろんだめです。
気をつけましょうね。

ちなみに、昔ダウンタウンの松本さんが
「絵に描いたような景色っておかしくないか?景色を見て絵を描くんやろが」
と言っていたの聞いて、とても納得したことがありました。

インスタ映えするためにやることって、なにかしらそれと似たものを感じます。
おかしいやろうがい!

スポンサーリンク

フォローする