眠らない戦い〜「caffeinate」 v.s.「NoSleep」v.s.「InsomniaX」

スポンサーリンク

macのノートを閉じた時にフリーズしてしまう問題の記事を以前書きました。

少し前にmacを改造しました。やったことは メモリ増設 SSD換装 OSアップデート です。関連記事は↓ ...

これで解決したと思っていたのですが、またしても同じ症状が再発。
これはもう次の段階に入るしかありません。
次の段階とは、スリープさせない、というものです。

色々とググると、スリープさせない方法を3つほど見つけました。

コマンド「caffeinate」を使う

ターミナルコマンドを使うのは、ソフトを入れるよりも私にとってはシンプルです。インストール作業に比べてやり直しが効きやすい様に思えるからです。
macは、ソフトのアンインストールがちょっと雑です。それを解決するために、アンイストールをきれいにやってくれるソフトをインストールするという、なにかしら釈然としない工程が必要になります。
だからコマンドの方が好きですね。

参考にさせてもらったのがこのサイトです。

とてもわかり易い説明で、これだ、と思ったのですが、

MacBookの蓋を閉じた場合のスリープを防ぐことはできないようです。

これで却下決定です。閉じた時の為が出発点なので、問題解決になりません。残念・・・

「NoSleep」をインストールする

コマンド以外の方法は2つで、ともにソフトのインストールです。
まず試したのがこのソフトです。

インストールはスムーズに済んだ、、、と思ったら
「no sleep kernel not loaded」
というダイアログが出てきます。
なんのことかわかりませんが、こういうのは気になるのでググると、、、やっぱりよくわかりません。
しかし、解決方法は見つけました。

これによると、最新版の1.4.0で発生するとのこと。
しかしおかしい。さっきのダウンロードサイトで最新版は1.3.3になってて、わたしはそのバージョンで警告が出ているんです。

いやしかし待て待て、Ver.1.4というのがあるのか?と調べると、ありました。

Download, install, or update NoSleep for Mac from MacUpdate.

試しにこっちを入れると、上記警告は出ないようになりました。

しかし、設定の中にある「ディスプレイを開けた時にパスワードを要求する」のチェック項目を入れても、要求されません。
これは不具合なんですかね・・・

「InsomniaX」をインストールする

最後はこれを入れてみました。
これはばっちりできた、、、と思ったのですが、おかしなところがあります。
設定の中に「終了時にステータスを保存する」という項目があるのですが、保存されません。
それから、基本的には設定の中にある「Disable Lid Sleep」と「Disable Idle Sleep」にチェックを入れれば良いのですが、コンピュータ起動時にはこれらは毎回OFFになっています。
これはちょっと面倒です。

まとめ

caffeinate
→macを閉じた時のスリープ回避ができないので☓

NoSleep
→パスワードの要求機能が働かない

InsomniaX
→起動の度に設定が必要

ということで、私にとって一番使い勝手が良さそうなのはNoSleepとなりました。

しかし、そもそもスリープ状態はコンピュータ保護の為にあるもので、眠らない状態を作ることによるデメリットはどんなソフトを使っても同じです。
そこを気をつけつつ、且つもっと良いソフトがないか調べつつ、NoSleepで様子を見ます。

スポンサーリンク

フォローする