【解決】iCloudミュージックライブラリへのアップロードに失敗したときに確認すること

スポンサーリンク

iCloudミュージックライブラリ、本当に便利です。新しい音楽にアプローチするのにこんなに簡単にできるとは思ってもいませんでした。
意外とパケット量も使いませんし、そのためストレージを無駄に使わなくても良いですね。

そんな中、なぜかアップロードに失敗する楽曲が出てきました。

何度やっても同じです。
めちゃめちゃ時間がかかるのですが、背に腹は変えられないということで、一度Apple Musicの機能をオフにして、もう一度オンにする、というのもやってみましたがダメ。

で、いろいろと試行錯誤している間に気づきました。
そういえば失敗した曲は、別のパソコン(windows)でCDから取り込んだものばかりです。
ituneのライブラリ上ではあまり気にすることはありませんが、念の為ファイルの種類を調べると、なんと失敗しているのはすべてm4aファイルです。
なるほど、m4aファイルはビデオ形式としても採用されているので、itunesとしては「曲」のアップロードができない、、でエラーということでしょう。

それならばと思い、ファイルの変換です。
itunesでの変換の仕方を知らない人もいると思うので書いておきます。

まず、ツールメニューのitunes→環境設定→一般タブ→最下段の読み込み設定にいって、読み込み方式を好きなフォーマットに変えます。
なんだかんだ言ったってmp3がやっぱり多いですかね。なんでも良いです。wavやaacはサイズでかくなるのでご注意を。

次に変換したいファイルを選択(反転)した状態でツールメニューのファイル→変換→〇〇バージョンを作成。
〇〇にはさっき指定した読み込み方式が出ます。
これで変換完了。

変換元と変換後はどちらも残っているので、変換元がいらない場合は削除。

これで無事にアップロードに成功しました。
困っている人がいたらご参考に

しかし、なんであのwindowsはm4aで取り込む設定になっているんかな、、、

スポンサーリンク

フォローする