Googleのバックアップと同期アプリでちょっと困った

スポンサーリンク

クラウド系のサービスは、もう仕事に欠かせません。
クラウド系と言っても幅広いですよね。普段私が最も使っているクラウドサービスはEvernoteですが、これは名前の通りノートとして使うのが基本です。
一方、ファイルやフォルダ単位でクラウド管理したいとなると、Dropbox、Box、Googleドライブあたりが有名です。
それから写真。これはAppleのiCloudを使うか、Googleフォトを使うか、それらを目的に応じて使い分けるか、というところです。

これらのサービスを幅広く網羅している会社といえば、私はGoogleだと思います。
Appleもファイル/フォルダや写真のクラウドサービスを展開していますが、どうしてもMacやiPhoneで使うことを意識しすぎている感が否めません。
その点、Googleはアンドロイドよりにサービスを作っている感じはしません。コンピュータに関しても、winやmacOS上で使うことを前提にしているようなので、使用感は快適です。

そのGoogleが、バックアップと同期というデスクトップアプリを配布しています。これは、Googleドライブ、Googleフォトなどの同期機能を一つのアプリで統合したもので、これまで各々インストールしていたアプリは、いずれこのアプリに集約されサービス停止になるようですね。

しかし、私にとってはちょっと困ったことになってます。
それは、Googleのアカウントを複数持っているからです。

Googleのアカウントを複数持っている人くらい山ほどいるでしょうが、そのなかで同期したい項目は、アカウントによって違います。
具体的に言えば、Googleドライブは仕事用で、指定したフォルダのみをローカル同期、Googleフォトはプライベートアカウントです。

しかし、これらを一つのアプリで使うのは、アプリ起動時にアカウントと紐付いて起ち上がるため多分ムリです。
そうなると、このアプリを2重起動しアカウントを別にするという方法をとるしかありません。

これはこれで出来るのですが、次はこのアプリ上での写真の同期です。
これまでのフォト専用アプリでは、同期するローカルの対象を選べました。しかし、今回の統合アプリは、画像・パソコン・ドキュメントからチェックボックスで同期したい対象を選ぶようになっており、このうち画像を選んだらデフォルトの写真アーカイブがあるところになるようです。

先日までの作業で、写真データはすべてサブのSSDに移動しているので、デフォルトの場所ではなくそこを指定したいのです。
そこを指定することもできるのです、、が、写真アーカイブファイルの中身のディレクトリ構造のまんま同期を取るのです。
で、この写真アーカイブの中身の構造はなんと、年ごと、月ごと、日ごとにすべてフォルダで別れており、それらを辿らないと写真が見られません。

もちろんApple純正の写真アプリならば、それらの写真を一覧で見ることができますが、ディレクトリ構造は上記のようになっているので、他で使おうとすると使いにくいことこの上ない。

で、結局写真のデスクトップ同期は保留、というか諦めています。
そもそも、私の写真データはほぼiPhoneから入ってくるので、iPhone内の写真アプリ内の画像とGoogleフォトを接続していれば、ちゃんとバックアップもとってくれます。
問題は人から写真をコンピュータで受信した場合、つまりiPhoneを経由せずに写真がコンピュータに入ってきたときですが、まあこれもコンピュータ自体のバックアップを念入りに取っているので、大丈夫かな、と思っています。

しかし、できればこういった要望にもGoogleさんには対応してもらえると助かりますね。

スポンサーリンク

フォローする