またまた家電に驚く

スポンサーリンク

少し前に洗濯機を買って、その品質に驚いたという記事を書きました。

久しぶりに大きな買い物をしました。 洗濯機です。 大きく分けてドラム型と縦型がありますが、色々考えてドラム式を選びました。 妻が乾...

で、今回は扇風機です。
洗濯機に比べると、値段もずっと安いし、メカニズムも洗濯機よりはわかりやすいですよね。
実際にこれまでの人生で、一番安い扇風機か、2番めに安い扇風機しか買ったことありませんでした。

とある事情から今回扇風機を買うことになったので、購入前の下調べをしましたが、またまた驚きましたね。
たかが扇風機でも、かなり進化しているようです。

まずはモーター。ACとDCがあります。
ACは安くて、従来からあるものですが、対してDCは高い。ただランニングコストは安い。
そして、風量調節の段階が多く、無段階というものまであります。
だから、「超微風」なんてものもあって、扇風機の羽根が見えそうな勢いですね。
風が直接あたるのがちょっと苦手、なんていう人には良いと思います。
ちなみに、私はそんなの全然気になりません・・・

ということで、某有名メーカーのDCモーター扇風機を買いました。

なんといってもすごいのは、静かさです。
もうね、ほとんど音がしません。切り忘れが心配になるくらいですね。
しかし、風量は十分。これは羽根の枚数も関係しているようで、そんなに風量を強くしなくても、体感温度は低い。
7枚羽根です。

そして、温度センサー。
寝るときだけエアコンをつけて、数時間後に切れるようにオフタイマーをセットして寝る、という人も多いと思いますが、温度センサー付きの扇風機は、室内の温度が上がったら、自動的に電源が入ります。
また、その温度に応じて風量も切り替わります。

そのほか、リズム風も便利だし、リモコンも便利です。リモコンで首振りのオン、オフを切り替えられるのも良いですね。

扇風機と同じカテゴリーであるサーキュレーターや、タワー型扇風機も、それはそれは大きな進化を遂げていることでしょうね。ちょっと購入を考えてしまいます。

日本の家電メーカーの凋落が叫ばれて久しいですが、実際に使ってみるとやっぱりすごいな、と思います。
確かに、GoogleやAppleなんかが出してくる、サプライズレベルの進化とは言えないかもしれませんが、着実に進化していることは間違いありません。
一歩ずつ進化、というのも悪くない。
特に今は働き方自体を見直されている時代なので、急がず休まずくらいのほうが良いのかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする