Evernoteに恋してる

スポンサーリンク
Evernote は、大切なノートを整理するためのアプリです。自分が書いたメモなどを検索可能なデータとして、どこからでもアクセス可能にします。

私が普段使っているソフト、アプリで最も頻度が高いのは、ダントツでEvernoteです。

とにかく、いつでも・どこでも・なんでもメモ。
いらないかも、と思うものまでメモです。

1ヶ月あたりに容量制限はあるものの、トータル容量には制限がありませんから、心配いりません。
メモだけでなく、メモ的な写真もファイルも音声も保存します。

ただし、Evernoteは弱点があります。
それは、本家本元のアプリ動作が重い、ということです。
まあ、1万を超えるノートを管理するのですから、そりゃ重くもなります。
しかし、すぐにメモしたい時に動作が重いのは致命的です。

そんなときにつかっているのは、Tevyというアプリ。

メモるだけなら、爆速です。起動と同時に入力モードです。

それから、よく標準カメラアプリをメモ代わりに使用している人もいますが、思い出としてライブラリに残したい写真と、メモ用の写真は違いますよね。
それがごっちゃにならないように、メモ用の写真をエバーノートに保存するアプリが、Fast Ever Snapです。

こちらも、起動と当時に撮影モード。
設定をいじれば、ライブラリにも保存するかエバーノートのみに保存するかを選択できます。

書類を写真で記録する人もいますね。
これは上記Fast Ever Snapでもよいのですが、もっとおすすめなのが、Scannableです。

書類に特化したアプリで、書類を机の上に置いてカメラをむけるだけで、自動撮影します。
トリミングもめちゃくちゃ簡単です。

それから、説明のために、写真に矢印や文字いれる事ができるのがSkitch。

人気アプリなようで、あきらかにこのアプリを使った画像がネットにはよく出回ってますね。
フォトショップを立ち上げるほどのことでもない注釈入れなんかにはかなり重宝します。

本家本元のアプリも、その他の連携アプリも、デフォルトノートを設定できますが、これはすべて同じノートにしておくことをオススメいたします。
とにかくいつもデフォルトノートを見る癖をつけて、あとで振り分ければよいだけです。
最初から分散させると、失念につながりますしね。

有料アプリもありますが、十分な価値があると思いますよ。

スポンサーリンク

フォローする