今あるものでより便利に

スポンサーリンク
エレベーターのボタンは今すぐ採用すべき!

いいですね、こういうの。
どれも、発想勝負、つまり高度なテクノロジーを使っているわけではないところが、わかりやすくて良い。
必要は発明の母と言いますが、まったくそのとおりですね。

ピックアップしなが見てきましょう。

足でボタンが押せるエレベーター


これは便利そうですが、なぜ無いのかを考えてしまいますね。
押し間違えが多くなりそうだからでしょうか。日本においては、足で蹴ってボタンを押すという行為がモラル的にどうか、とか言われそうです。

ずっと手前からエレベーターを呼び出せるボタン


自動車にもエンジンスターターがあるくらいだから、技術的には簡単そうです。ただ、不特定多数の人が出入りする場所では、使う人が少なそうです。
ちなみに会社内など、主に限られた人が使うエレベーターでは、これとは少し違いますが、エレベーター呼び出しボタンが上下のボタンではなく、エレベーター内の階数ボタンになっているのは見たことがあります。あれはあれで便利でした。

買う/買わないを仕分けできる試着室のフック


即採用してほしいですね。買う/買わないという風に分けなくても、つまりフックを複数設置してほしいと思います。

傘が固定できるオシャレなベンチ


一見便利そうですが、雨の場合はベンチが既に濡れている可能性大です。日傘としてだと、頭からの距離を近づける必要がありますね。
傘の固定よりも、このランプが単純にオシャレだと思います。千と千尋の神隠しに出てきますよね、こんな感じのランプ。

手にバイ菌がつかないよう足で開けられるトイレのドア


これは上にもあるエレベーターのボタンと発想が近いですね。便利そうですが、気づかずに転倒する人が続出しそうです。

重量制限が目視できるエレベーター


これは、多分主に女性が嫌がりそうです・・・

柵にもラインが引かれた、わかりやすい駐車場


これは、柵の方の権利者への許可が面倒になりそうですね。特に公共物だと役所手続きになると思うので、ちょっと気が重くなります。

なにはともあれ、便利になることはなにかと良いので、できることはすぐに実行してほしいです。

スポンサーリンク

フォローする