iCloudカレンダーと格闘中

スポンサーリンク

クラウドカレンダーはGoogle

スケジュール管理は、全てクラウドにしています。理由は手帳に比べて圧倒的に便利だからです。
特にスケジュール共有はクラウドカレンダーの最も重要な機能で、これによって情報共有の確実性が飛躍的に上がったと思います。
クラウドカレンダーの最大手はやっぱりGoogleでしょう。この時代ならば、ほとんどの人がGoogleのアカウントを持っています。そしてメジャーなカレンダーだけに、ほとんどのスケジュール管理アプリがGoogleと連携しています。
共有メンバーや編集・閲覧権限のカスタマイズなど多機能且つ使いやすく設定されているし、それでいて無料なので使う人が多くなるのも当たり前ですね。
会社などの組織、音楽やっているならバンドのリハ、プライベートなら恋人との予定など、なんにでも使えます。

スマホはiPhone

一方、こと日本において、スマホの最大手はiPhoneです。iPhoneにもカレンダー機能がついており、そのカレンダーはiCloudカレンダーに紐付けて使うのが一般的なので、これもクラウドカレンダーです。
が、これがいまいち使いにくい。共有相手がiPhoneでない場合色々と面倒も起きるし、設定などGoogleのシンプルさからすると劣ると思わざるを得ません。

GoogleとiPhoneで最強

しかし安心、iPhone自体にGoogleのアカウントを設定できるようになっていて、そのアカウントにカレンダー機能をつければ、iPhoneのカレンダーでGoogleカレンダーの閲覧、作成、編集ができます。
クラウドカレンダー最大手のGoogleとスマホ大手のiPhoneの組み合わせは、まさに完璧だと思います。

で、この記事のタイトルには「格闘中」とありますね。
格闘内容は以下です。

シフト管理アプリの連携

勤務形態がシフト、つまり毎日の出勤時間、退勤時間や休みに法則がない場合、それをいちいちカレンダーに打ち込むのは、普通のスケジュールアプリではかなりの手間です。
そこで、シフト入力をしやすく設計されたアプリがあります。シフトパターンを予め作っておけば、ワンクリックで予定が入力できるようになっています。便利ですね。

しかし、それらのアプリの中で、Googleカレンダーと連携できるものはえらく少ない。というか見つけらませんでした。
iPhone(iOS)カレンダーと連携できるものはちらほら。ということで、iPhoneカレンダーと連携を試みます。
共有をかけるとなるとクラウドに持ってこなくてはいけないのですが、シフト管理アプリの連携先がiPhoneカレンダーなので、iPhoneの機能で共有しようと思うとiCloudカレンダーになります。
ちなみに、共有ということだけで言えば、共有相手にも全く同じシフト管理のアプリを入れてもらえばできるものも多いのですが(というかそれを期待して、わざと連携機能を付けていないとしか思えない)、それだけの為にアプリを入れて、シフトと他のスケジュールをひと目で見れないのは不便です。

ということでiCloudカレンダーで(面倒ながら)共有設定をしました。
が、なんとiCloudカレンダーの予定がすべて2重になる現象が発生。
最初はシフト管理アプリとiPhoneカレンダーの連携部分が怪しいと思い、別のシフト管理アプリを使いましたが同じ現象が起きたので、おそらくバグはiCloudカレンダー共有です。

分からなかったらググレカス、ということでググりまくりますが、ちっとも解決しません。
ということで格闘中なんです。
だれかお力添えを・・・

スポンサーリンク

フォローする