Bluetoothレシーバーの活用

スポンサーリンク

車の中では、iPhoneをUSBでつないで音楽を聞いています。
充電も同時にできるので、ケーブル1本だけでスムーズです。

カーオーディオ側はこれを使っています。

シンプルなUSB接続でiPodもスマホも楽しめる。USB/iPod再生専用モデルで、デザイン性にも優れたカロッツェリアのAVメインユニット「MVH-3100」の特長紹介ページです。

これと同じものはもう売っていませんが、3年くらい前に5000円弱で購入しました。

最近、これの挙動が少し怪しいのです。iPhoneと接続するUSBケーブルはMFI認証のものですが、機器とiOSの問題もあるのでしょうか。
考えてみれば、iOSの方は次々にアップデートされるので、相性が悪くなるのもうなずけます。
メーカーサイトを探しても、ファームウェアのファイル等はおいていません。

ということで、時代の波にのってそろそろBluetoothにしようかなと思っていました。
しかし、カーオーディオ本体の値段もまあまあするし、取り付けはもちろん自分でやりますが、面倒ではあります。

ところで、自宅のリビングにはAVアンプとスピーカーがあり、そこにBluetoothレシーバーをつないで使っています。

Mpow Bluetooth レシーバー ブルートゥース 高音質 2台同時接続可 最大15時間連続使用 BluetoothオーディオレシーバーBOX ワイヤレスオーディオアダプタ【佐川急便】

よくわからないメーカーですが、2台同時接続もできて便利です。
しかし、これとは別にAnkerのSoundocore miniも持っていて、音はAVアンプのほうが良いのですが、やはり便利なのでAnkerばかりを使うようになってしまいました。
ということで、このレシーバーは最近あまり使っていなかったのです。

で、もう一度カーオーディオを見ると、AUX端子があります。
つまり、このレシーバーをここにつなげば音がなるはずです。
そして充電はUSB端子から給電できます。

これなら、今持っているものだけでカーオーディオのBluetooth化ができます。

ということで、近日中にこの方法を試してみようと思います。
2台同時接続もカーオーディオでは重宝します。

リサイクル万歳ですねぇ

スポンサーリンク

フォローする