あなたはどのタイプ?〜ステージに上る人にも色々

スポンサーリンク

音楽嫌いな人ってあんまり会ったことありません。
素晴らしい文化ですよね。

好きになった結果、ステージにあがることになった人、さらにプロになった人、様々いると思います。
先日友人と話していて、ステージにあがっているミュージシャンにも、いろんな音楽の「好きさ」があると気づきました。

まずは、聞くのが好きで音楽にハマったリスナータイプ。
暇さえあれば音楽を聞く。音楽を聞くだけの時間を設けている人などはこのタイプです。
このタイプの人は、結構幅広く音楽も聞くし、その知識も豊富です。
そんな中で「こんなカッコイイアーティストやプレイヤーのようになってみたい」とある時思った結果、ステージにあがるという人ですね。

それから、演奏が好きなプレイヤータイプ。
親や兄弟、友人などの影響で、割と身近に楽器やそのプレイヤーがいて、おもちゃのように楽器に触っていたら面白くなっていって、スキルも上がり、ステージに上ることになった人。
このタイプは、楽器演奏のテクニックや音色に魅了される人が多い印象です。
また、聞くのが好きな人と同じように、暇さえあれば楽器を触っています。

最後に、発信したいパフォーマンスタイプ。
目立ちたがり屋や、何かしら世の中に訴えたいことがあるひとはここに含まれます。
だから当然ボーカルが多い。
このタイプは、見た目に結構こだわります。

さて、ある人のライブを見たときに、何を一番優先して聞くのか。
この3タイプの人はそれぞれ違う聞き方をします。

素晴らしいライブを見たときに、
リスナータイプ:良い曲だ!
プレイヤータイプ:良い演奏だ!
パフォーマンスタイプ:良いアーティストだ!
といった具合です。
これらは似ているようで少しずつ違います。

実際のところはこのどれかということはなくて、どの要素も持ちあわせているものですが、何をきっかけにステージにあがることになったのか、というのは一つです。
そして、そのタイプによってやはり向き不向きがあります。

ご察しの通り、
リスナータイプ:作編曲
プレイヤーータイプ:スタジオミュージシャン
パフォーマンスタイプ:作詞、バンド

ステージ上がることになるときには、たいていバンドを組みます。
そして、バンドに喧嘩はつきものです。なぜ喧嘩になるのかは、これらのタイプが違う人同士が同じバンド内にいた場合に、何を優先するかにずれが生じるからです。

リスナータイプは、曲がダサかったら嫌。
プレイヤータイプは、演奏クオリティーが低かったら嫌。
パフォーマンスタイプは、集客できなかったら嫌。

バンドって面白いもので、これらが全部同じタイプのひとが集まっても、あんまり良いバンドはできないものです。
だから、良いバンドとバンド内の喧嘩は不可分なんです。

あなたはどのタイプですか?

スポンサーリンク

フォローする