高級ギターを買う理由

スポンサーリンク

ギターの金額は、安いと1万円未満のものから、高いと数百万、数千万というものまであります。
数百万クラスになると現実味も損なわれますが、20万、30万くらいのギターだったら、結構そのへんにいる人でも持っていると思います。

高級ギターと安いギターは一体何が違うのでしょうか。
それは、材と組み立ての丁寧さが違うわけです。

で、結局それで結果的に何が変わってくるのか。
それは、音と弾きやすさ、見た目の綺麗さ、そして耐久性が変わってきます。

ところで、YouTubeには「高級ギターと安いギター、弾き比べ」みたいな動画がアップされています。
一人が高級ギターと安いギターを弾き、目隠しをしたもうひとりが、どちらが高級なギターだったかを当てる、といったものです。

例えばそれが1万のギターと20万のギターだったとして、それが目隠ししたらクイズとして成立する、という時点で、その違いは微妙なんだ、ということを示していると言っても良いでしょうね。
金額差に比例して音の良し悪しが決まるのならば、高級ギターは安いギターの20倍音が良い、ということになるでしょう?
それほど明確に違うのならば、クイズとして成立しません。

しかも、それらの動画のいくつかでは、ハズレています。

これらを見る限り、高級ギターを買う理由はなさそうです。
しかし、これはあくまで「音」に関してだけです。

上記したように、高級ギターである要素は音だけではありません。
弾きやすさは、それらの動画ではわかりません。
見た目も、実物を見ないとわからないでしょう。
耐久性は、時間が経たないとわかりようがありません。

さらに、ギターを持つ人のメンタルにも小さくない影響を与えます。
20万もの大金をはたいてギターを買ったら、テンションも爆上がりです。
結局たくさん練習することにつながります。
このテンションアップも、安いギター購入では得にくいでしょう。

私の経験ですが、最初にギターを始めた頃、父親が会社の同僚からもらってきたアコギ(まあまあ安いやつ)を弾いていて、大学で遂に自分のアコギを買いました。高級と言って良い金額です。
技術に関しては、そこからガーン、と上がったのは間違いないです。

物の価値というのは、人によって変わります。
人目を気にして、高級ギターを買う、という理由は決して間違っていません。
音や弾きやすさに大差無いのならば、安いので十分、という基準でも問題ありません。

みなさん、好きなギターを買いましょう。

スポンサーリンク

フォローする