ギター一本のレコーディング

スポンサーリンク

今日は出張レコーディングに来ています。
レコーディングするのは、アコギ一本のみです。
マイクとラインの2トラックで録ります。

しかし、アコギ一本の録音というのは、演奏者も録る方もなかなかの緊張を強いられますね。
こんなに静かな空間に数人の大人がいるという状況だけで特殊です。
まさに、固唾をのんで、という具合ですね。

しかも、今回の曲はフリーテンポで、クリックなしです。
クリックなしの録音の何が大変かというと、あとでパンチ録音がしにくいということです。

しかし、フリーテンポで録音したもののパンチ録音を希望されることもありますので、そこは波形を色々と扱って(本当に色々とやるんです)仕上げていきます。

帰ってゆっくりというわけにはいきません。大抵の場合は、その場で確認したいという希望があるからです。
演奏者の前で難しい波形編集をやる、それはそれでまた緊張感があります。

ということで、今日はこれにほとんどの時間とエネルギーを取られているので、これくらいです・・・

スポンサーリンク

フォローする