スピーカーから音を出すために必要なもの

スポンサーリンク

音楽に限らず、スピーカーを使って音を出す設備があるところは多々あります。
音響は、専門用語も多いし、端子も見たことがないものも多くて、専門家でないと扱うのが難しい、と思われがちですが、意外とそうでもありません。
細かいことを言い始めれば、もちろんその道のプロがいる世界なので難しいのですが、まっとうな音がでれば良い、というくらいならば誰でもできます。
スピーカーから音を出す方法を解説してみようと思います。

今回は、もっともよくあるパターンの「マイク」の音をスピーカーから出すための方法です。

まず最初に音の流れです。

マイク→卓(コンソール)→アンプ→スピーカー

基本的には、これらをつなげば音が出ます。

まず、マイク。マイクにはダイナミックマイク、コンデンサーマイクという2タイプがありますが(本当はもっとあります)、よく使われるのはダイナミックマイクです。安くて丈夫だからです。
どちらのマイクなのかは、型番から説明書をネットで探し、仕様を参考にしてください。

ダイナミックマイクの定番、shure58

次に卓です。
マイクは音を拾うものですが、卓は何をするものなのでしょうか。
答えは、音作りです。
例えばマイクが2本以上ある場合は、その2本のマイクの音量差を決めたり、マイクの音質を決めたりします。
一般的な卓には複数のチャンネルが用意してあり、各チャンネルにマイクを始めとした音の出所(BGMやパソコンの音など)を挿します。
それらがまとまって、L/R2本に集約され出力されます。

例えばこの卓は、左上のところにマイクが4本挿せるようになってますね。
一番右の下、赤のつまみがマスター、つまり最終出力音量で、出力端子は右上の黒い2つです。

次がアンプ。アンプは日本語でいえば増幅器、つまり音をでかくする機械です。
考えてみれば、なぜスピーカーから音を出したいのかといえば、音を大きくしたいからですよね。
それを担うのがアンプです。
いろいろ機能がついているモデルもありますが、基本的にはどのくらい音を大きくするのか、というつまみがL/R一つずつついています。

そして最後にスピーカー。これは最後に音が出るところですね。特に説明はいらないと思います。

かく機器をつなぐケーブルは、機器に対応している入出力端子によります。
もっともスタンダードなのは、
マイク→卓:キャノンケーブルオスーメス

卓→アンプ:キャノンケーブルオスーメス(上に同じ)

アンプ→スピーカー:スピコン

さて、ただ音を出したいのに、こんなに機器とケーブルを用意しなくてはいけないの?と誰しもが思います。
そのために、アンプ内蔵型の卓もしくはスピーカーというのが存在します。
それぞれパワード・ミキサー、パワードスピーカーと呼ばれます。

自分があつかう卓がパワードなのかどうかは、型番から説明書を検索して仕様をみてください。
もし卓がパワードミキサーならば、そのあとにつなぐべきアンプが不要なので、
マイク→卓(パワードミキサー)→スピーカー
で音がでます。

パワードミキサーは、見た目上は普通の卓とあんまり変わりません・・・

また、スピーカーがパワードかどうか調べるのが簡単です。
スピーカーがコンセントをつなぐ必要ある機器なのか否かです。
コンセント不要ならただのスピーカー、コンセントが必要ならパワードスピーカーです。
もしスピーカーがパワードスピーカーならば、その前につなぐべきアンプが不要なので、
マイク→卓→パワードスピーカー
で音が出ます。

このように、コンセントにつながないとつかえないスピーカーは、パワードスピーカーです。

最後に、ギタリストやベーシストも、それぞれギターアンプ、ベースアンプというものを使いますね。
同じアンプという言葉を使っていますが、これらは実はパワードスピーカーです。
しかも本体で音作りもできるようになっているし、ギターやベースを入力できる端子も備わってます。
こういった意味で、同じアンプとと呼ばれているものの、機器の種類は別です。

スポンサーリンク

フォローする