DTMは関係ないと思っている人へ

スポンサーリンク

今日は忙殺されているので、少しだけ。

コンピュータを使って楽曲制作をするDTM、生の楽器を演奏するプレイヤーには関係ないと思っている人が結構います。

しかし、昨今のDTMソフトは機能がものすごくて、正直なんでもできます。

これは、プレイヤーの練習にもかなり活用できるのです。

例えばギター。

ソロをコピーしようと思っても、フレーズが早すぎてどう弾いているのかわからない、スコアもない、ということありますよね。

こういう場合、DTMソフトに楽曲を取り込んで、テンポをぐーーっと落とします。

もちろん、ちゃんと設定すればピッチは変わりません。

また、そのソロのKeyを変えることもできます。

そしてもちろん、常にクリックと共に弾くことになりますので、リズムの鍛錬にもなります。

例えばベース。

音が低くて埋もれてしまい、聞こえないということあると思います。

こういう場合も、ソフトに取り込んで、そのトラックにEQを挿し、思い切りハイカットをかけます。すると、ベース部分がだけがフィルタリングされて聞こえます。

さらに低域にあるキックの音をピンポイントにカットすれば、よりクリアに聞こえます。

音楽の世界を目指そうと思っている人は、いますぐにでもソフトを購入してください。

全機能を使いこなす必要なんて全くありません。とりあえずなんとなく使っていれば、どうにかなります。

全く使えないのとは全然違いますよ。

スポンサーリンク

フォローする