音楽と作曲者

スポンサーリンク

ピエール瀧さんの逮捕が話題になっています。

それに伴い、彼の関わっている作品販売が軒並み自粛されているようです。

いかがなものでしょうか。

時代は違いますが、私が影響を受けたミュージシャンは、ほとんどドラッグ漬けでした。

ジミヘン、レイボーン、クラプトン、ジャコ、マイルス、パーカー、エバンス、、、

キリがありません。

時代が違います。今はもちろんドラッグは許されません。

ただ、ドラッグ漬けだった頃に作り上げた作品は、今もなお輝きを失っていません。

楽曲というのは、楽曲そのものが全てです。

どういう人がどういった経緯で作ったか、なんていうのはほとんどどうでも良い。

だから音楽は素晴らしいのです。

ドラッグをやっていた人が作っても、そうでなくても、素晴らしいものは素晴らしい。

ドラッグに手を出した人が作った作品を排除したら、音楽業界は立ち行かなくなるでしょう。

ドラッグ使用は違法です。

しかし作品は無関係です。

作品は、世に出されたその時から作曲家の手を離れるのです。

書類上の契約は残りますが、作品の本質は世間のものになります。

作品の価値を認めることと、それを作った人を社会的に制圧するのは、筋が通っているようで通っていません。

今回の自粛は、あくまで販売側の判断ですが、とりあえずやめておこう、といったことなかれ主義が見えるような気がします。

音楽自体が被害にあわないようにしたいものです。

スポンサーリンク

フォローする