QR決済〜さあ盛り上がってまいりました

スポンサーリンク
全国のセブン-イレブン店舗で7月1日から、バーコード決済サービスに対応する。独自の「7pay」(セブンペイ)に加え、「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」の国内3社、「アリペイ」(Alipay)、「WeChat Pay」の海外2社を加えた5社のサービスが利用できるようになる。

コンビニ最大手のセブンイレブンも、ついにコード決済導入ですね。
凄まじい勢いでキャッシュレスが進んでいます。
私としては嬉しい限りです。

私のスマホには、以下のキャッシュレス系アプリが入っています。

  • PayPay
  • Origami Pay
  • LINE PAY
  • 楽天Pay
  • J-Coin pay
  • ゆうちょPay
  • QUOカードpay
  • d払い
  • モバイルSuica
  • メルペイ
  • ApplePay(3枚)

これだけあると、もうわけがわかりません。
私よりももっともっと入れている人もいるでしょうね。

これらは、使用に関しては無料です。管理さえちゃんとすれば、デメリットはありません。

この中で使用頻度がもっとも高いのはPayPayですかね。
こないだまでの100億円キャンペーンによる還元が入ってきているので、それを消化していっているところです。
加えて、使える店もかなり増えました。
あれだけ大型のキャンペーンを最初に仕掛けた会社のアドバンテージがあると思います。

おそらく、ここ数年で合併や淘汰が繰り返されて、いくつかになるのでは、と思っています。

LINE PAYやメルペイは、PayPayのキャンペーンを追いかけた分の赤字が膨らんでいる、と聞いていますが、そんな中でもLINE PAYは6月からまたまたPayトクキャンペーンを実施するようです。

LINE Payは6月1月から、最大20%の還元となる「Payトク!!」キャンペーンを6月9日まで実施する。開催期間が従来に比べて短いので注意が必要だ。

ちなみに、同社は現在300億円キャンペーンをやっていますが、あれはいくら頑張っても、一人1000円しか恩恵がないので、そこまで盛り上がらないのでは、と思っています。

発表はPayPayのほうが早かったと思いますが、PayPayもワクワクキャンペーンと称して、6月から毎月キャンペーンを開催するそうですね。

いつもどこかでお得なキャンペーン!「ワクワクペイペイ」はじめます。毎月お得がやってくる。

他にも、日本全国の主要銀行がほとんど参加すると言われているバンクペイも秒読みに入っています。

「Bank Pay(バンクペイ)」という「横浜銀行のはまPay」や「福岡銀行のYOKA!Pay」や、「5月スタートのゆうちょ銀行のゆうちょPay」が参画しているQR決済が2019年秋にスタートすること ...

何百億円というワードが当たり前のように飛び交っていますが、大きな企業にとってもそれは馬鹿にできない金額なはずです。
それでもこれだけキャンペーンを打つというのは、それだけこの業界の覇権を握ることが、この先何十年に渡って利益をもたらし続ける、と各社睨んでいるからでしょうね。
先行の中国アリペイを見たらわかります。

まあ、使う方としてはとにかく安く、利便性を高めてもらったら、と思っています。

スポンサーリンク

フォローする