病院にて

スポンサーリンク

身内が肺がんを患い、今朝から手術です。

医師の説明によると、ステージ1だし体力もあるので、ガンを摘出すればまあ問題ないとのことです。

とはいえ、やはり手術となると穏やかじゃありません、、、本人は。

自分はというと、あんまり大きなことだとは思ってません。医師とも話しましたが、しっかりりした方で好感が持てました。

病院はとある大学病院です。かなり大きな病院。誰もが一度は経験する、病院の独特の雰囲気は、病院の大きさによらず健在で、少し苦手です。

そこら中に白衣をなびかせて歩く医師がいて、やっぱりかっこよく見えますね。人間性は知りませんが、頭脳としては優秀な人であることは間違いないわけで、それをうかがわせる雰囲気を感じます。

手術の時間は約5時間。手術としては決して長い方ではないでしょうが、ただ待つだけ側としてはとんでもなく長い。暇です。

手術患者の家族待機室なるものがありますが、簡素なソファと数年前の雑誌、それからテレビが置いてあるだけで、殺風景なものです。

うちのような、ほぼ大丈夫という患者の家族もいる一方、危険な手術をしている患者の家族もそこにいる可能性があるわけで、そう考えると雑談に花を咲かせるわけにもいきませんよね。

ということで、こういう時は窓の外でも見ながら曲作りのかけらを探そう、、、と思ったら、大雨も大雨でほとんど何も見えません。

誰かがなんとなくつけたテレビでは、今朝の速報で知った松本死刑囚、死刑執行のニュース続報。

オウム事件については、ここではとても書ききれないほどの思いがあります。

ということで、私にとっては大雨、死刑、手術の3つが同時に起こっている今日です。

それに対して、今夜はライブ演奏の仕事です。ギャップありますねぇ。

スポンサーリンク

フォローする