習うこととできること

スポンサーリンク

知り合いが英会話の講師をしています。

生徒のなかで、知識はついてきたけれど、いざ外国人を前にすると、英語が話せないという人が結構多いそうです。

音楽関係の仕事なので、音楽の講師をしている人はたくさんいます。

特にボーカルについて言えることですが、練習してうまくなっても、いまいちステージが良くないという人、多いですね。

これら2つのイケてない原因は共通しています。

やっている行為が外を向いているか、内に向いているかです。

英会話の知識をつけても、その知識が頭の中にとどまっているだけ。

ボーカルとしての技術力が上がっても、正直「それだけ」なのです。

英会話も歌うことも、そもそもそれを使ってコミュニケーションをとったり、感動してもらったりするところが目的のはずで、その過程に知識や技術の向上があるはずなのに、いつしかそれらが目的化しています。

手段の目的化というやつですね。

これに陥るのは、習い事好きが多い。

そこに解答を求めます。そこでの良い生徒になることが目的化するのです。

しかし、一部を除いて、習い事は習い事自体が目的ではありません。

同様に、知識を増やすこと、技術を上げることも目的ではないはずです。

習うこととできることは違います。

これに陥っている人がそこから抜け出す方法は1つしかありません。

しのごの言わずにアウトプットです。

スポンサーリンク

フォローする