海に入る

スポンサーリンク

大人になると、海に入って遊ぶ機会がぐっと減りました。

子供の頃は何時間でも遊んだものですが、海は入ったあとベタつくし、日焼けするし、靴に砂は入るし、何よりも疲れるし、というのが、海に入る機会が減る原因だと思っています。

今日はキャンプで、しかもキャンプ場の隣がビーチです。これで入らなかったらやっぱりもったいない。

ということで、久しぶりに海に入りました。多分10年近く振りです。

今回は友人がシュノーケリングを趣味にしているので、シュノーケリングをやってみました。

面白いですね、これ。実は以前やったことはあるのですが、その時とは海も器具も全然違いました。

まず海。今回行った海は、凄く綺麗なのにあまり人がいない、要するに穴場的スポットで、ネット全盛、わからない情報はもはやないと言われるこの時代でも、意外と穴場はあるものだと感心しました。

それから器具。シュノーケラーですが、最近のは口だけでなく鼻でも呼吸ができるものがあり、しかも値段は3000円もしません。すごいですね。安いので良いのならば、500円未満です。

さすがに子供にはまだシュノーケリングは無理ですが、海で遊ぶのは大好きです。だから、妻か私がシュノーケリング中にもう片方が子供の面倒を見る、という方法でみんなが楽しめるレジャーでもあります。今回は特に、大人数で行った為面倒見てくれる人はたくさんいました。

大人になって失っていくもの、みたいなことに感傷的になるのはあまり好きではありませんが、たしかに子供の頃ほど「勢い」で遊ぶことはなくなりました。でも、たまにはこういう刺激もないといけませんね。

ある人が言ってました。大人になって一年が早く感じるのは、目新しいことが減るから、もし一年を長く感じたいのならば、新しいことをすること。

その通りだと思います。

スポンサーリンク

フォローする