時間を守れない人の傾向

スポンサーリンク

遅刻が治らない人っていますよね。

そもそも時間なんてどうでも良いと思っている人はさておき、遅刻しないように、と思ってもなかなか治らない、という人もいます。

私の身近にもそういう人が1人いるのですが、その人とスケジュール調整をしていて気づいたことがありました。

例えばある場所に行く時、その場所に12:00に着かなくてはいけないとします。

遅刻が治らないその人は、しきりに「12:00に着くように出発しよう」と気を付けます。

しかし、遅刻しない人は、「何時に出るか」を明確にするのです。

現在地から目的地まで20分かかるのならば、余裕を作って、遅くとも11:30には出よう、となるのです。

12:00に着くように出よう。

11:30に出発しよう。

この2つは結構違います。出発する時間が明確なので、この時間に向かって準備を進めるからです。

これは、電車に乗ることに例えたらわかりやすいかもしれません。

目的地に時間内に到着するためには、この電車に乗らないと絶対に間に合わない、となったら、なんとかその電車に間に合うようにするものです。

で、電車にさえ間に合えばちゃんと間に合います。

準備中に目指す時間は、到着時間ではなく、電車の始発時間です。

大きく言えば、目指す時間がより現在時間に近いのです。

12:00に着かなければならない。

11:30に出なくてはいけない。

11:00までに準備を終えなくてはいけない。

10:30までには朝ごはんを食べ終わらないといけない。

10:00には起きていないと間に合わない。

そして、前の晩に10:00に起きよう、という明確な時間が設定できるのです。

これが、最後の12:00に着くように起きよう、では、中身が漠然としてわけわからなくなります。

遅刻を治したい人はまず、何時に着くようにではなく、現在時間に近い明確な時刻設定をやってみてください。

スポンサーリンク

フォローする