何に追われているのだろうか〜せっかちの弊害

スポンサーリンク

近所のスーパーにセミセルフレジが導入されました。

念の為セミセルフレジの説明をすると、商品のバーコードスキャンまでは店員がやって、支払は別の場所で客自身がするというもの。

従来のセルフレジは、商品のバーコードスキャンの仕方がわからなくて店員呼び出しが増えて、あんまり人件費削減になっていない、と言われていました。
それに比べるとセミセルフレジは確かに、より簡単です。

しかし、それでも機械に苦手な人はいるもので、そういう人はやっぱり店員を呼び出します。

セミセルフレジの場合、お客さんサポート専用のスタッフを配置しているわけではないので、結局レジスタッフがそれをサポートすることになり、レジの列が長くなっちゃいます。

先日私がスーパーに行ったときもまさしくこういう状況で、前の客も、前の前の客も機械が苦手な様子。
かなり時間がかかりました。

あれだけ易しい使い方なのに、わからないものだろうか、と少しイライラしました。

でも、考えてみれば、私はその時に急いでいたわけではありません。
では、なぜイライラするのかと言えば、せっかちだからです。

これは良くないですね。

本当に自分が急いでいるときならば仕方ないにしても、急いでもないのにイライラするのって、無駄なイライラです。

思い直して、ゆっくり待ちました。

繰り返しますが、私は自他ともに認めるせっかちです。
それは、行動が早いという意味でメリットもありますが、少し遅れただけで気分が悪くなるというデメリットもあります。
後者はつまり感情なので、うまくコントロールしていきたいものですね。

せっかちな人は気をつけましょうね。
なぜ急いでいるのか、をよく考えたら、意味のない急ぎって結構あるものです。

スポンサーリンク

フォローする