卒園での涙

スポンサーリンク

娘の卒園式でした。

平日だからなのか、参加している保護者のほとんどは母親。
保育士もほとんど女性だったので、園児を除けばほとんどが女性、という卒園式です。

女性は涙もろいのでしょうか。
式の進行中も、いたるところからすすり泣く声が聞こえ、手にハンカチで目頭を押さえています。

自分はというと、全く泣きませんでした。
冷淡すぎるのでしょうか。

ただ、正直悲しいことがあんまりないんです。

近所の幼稚園なので、クラスメイトはほとんど同じ小学校に行きます。
幼稚園の先生とはあまり会わなくなりますが、そうはいっても近所です。

参加してみて思ったのは、泣かせるような演出や式目がたくさん用意してある、ということです。
やっぱり泣く式は良い式、というイメージがあるのでしょうか。

ただ、私は過度な演出は避けたほうが良いと思います。
感傷的になりすぎるのはあまり健全とは思いません。

本当に感動するものに出会ったときならば、思いっきり感動したら良いと思いますけど。

ただ、こういうことを言うと、繰り返しますが「冷淡だ」と言われます。
私自身は自分のことを冷淡だとは思いませんが、わざとらしい演出には拒否感がありますね。

そういうのを全面に押し出したTV番組なんかは、批判的に見ています。

しかし、なにはともあれ娘には卒園おめでとう、と心より伝えたいですね。
毎日幼稚園にいくのを楽しみにしていたので、よほど幼稚園の居心地がよかったのでしょう。

さて、次は小学校ですね

スポンサーリンク

フォローする