イオンへの挑戦が実を結んだ日

スポンサーリンク
買い物をする上でのポイントって馬鹿になりません。 私はその辺は節約のためというより、性格的にちゃんと管理できていないといやなので、...

数週間前に投稿した、イオン関係のポイント管理の複雑さに関する記事です。
改めて書けば、とにかくイオン関係はポイントがわかりにくい。
WAONポイントとWAON POINTが別のポイントというのは、ネーミングに仕方に非常に問題があると思います。
電話でのサポートでは「わおんかたかなぽいんと」とか言わないと通じません。

さて、先日この辺のことをしっかりスッキリさせるために、サポートに相当な長文の質問メールを送りました。
非常に丁寧な対応で、流石にかなりの長文だったため、返答に時間がかかる、ということをわざわざメールをしてくれました。

そして、そもそも複雑なこのポイントシステムをさらにややこしくしている原因が判明しました。
それは、イオンスクエアIDが複数あったことです。
そしてこれは私達夫婦の問題でもあったんですが、私が妻のアカウントをコントロールしていたことが話をややこしくしていたようです。

まず、なにかしらのタイミングでイオンスクエアのIDを発行したのですが、その発行元は妻になっています。
もちろん名義も妻だし、登録メールアドレスも妻のもの。

ところが、そうとは知らずに私がイオンスクエアのIDを作ってしまいます。
2つのイオンスクエアID、それぞれにイオン一体型クレジットカードを登録されており(できてしまうんですね、これが・)、私は自分が作ったほうで管理しようとするわけです。

イオン関係は他にも赤紫のWAON POINTカードや電子マネーWAONを持っているので、これらのカードもイオンスクエアIDにに紐付けようとしますが、エラーでできません。
さらに、私が作った方のイオンスクエアID、トップページに表示されるWAON POINTはずっとゼロのままです。

しかしながら、スマホのイオンウォレットアプリで、自分のイオンスクエアIDを使いログインしたら、ちゃんとWAON POINTが表示されています。

そもそも赤紫のWAON POINTも一体型クレジットカードも電子マネーWAONも、妻が作ったイオンスクエアに紐付いているので、何かとわからなくなっているわけです。

ということで、イオンスクエアID統合をしようと思いましたが、どうもそんなMENUが見当たりません。
サポートにメールして返信待ちですが、考えてみれば私が作った方のイオンスクエアIDは不要だということに気づきました。

ということですぐに私が作った方のイオンスクエアIDを退会削除、暮らしのマネーサイトやsmart WAONのサイトに紐付いているイオンスクエアをすべて妻が作ったイオンスクエアに紐づけしなおし、私が作った方のIDは消しました。
スマホのアプリも一度ログアウト、再ログインで妻のイオンスクエアIDを使います。

ぜーーーんぶ解決しました。スッキリ。

いまだにときめきポイントとかWAONポイントとかWAON POINTとかわかりにくいところはありますが、とりあえずの節目を迎えています。

しかし、疲れました。
イオンの方の対応がとても丁寧だったのでたどり着けたのだと思います。ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする